瑕疵担保責任保険
 平成21年10月1日に「住宅瑕疵担保履行法」が施行されますが、当社では法施行に先がけて平成21年4月1日より新築する住宅について「瑕疵担保責任保険」に加入いたします。
 この保険は、新築住宅の構造躯体と雨水の浸入に対する10年保証を確実にするもので、国土交通大臣の指定を受けた保険法人と当社が保険契約を結び、万全の体制で施主様の大切な住まいをサポートすることを目的としています。万が一瑕疵があった場合でも、引き渡し日から10年間は住宅瑕疵担保責任に基づく補修を当社と保険会社が保証します。また対象の住宅については、検査員が工事期間中に基礎配筋と躯体の現場検査を実施するため、住宅の品質も保証されます。
 
 
新築住宅を供給する事業者(住まいのクワザワ)は、住宅のなかでも特に重要な部分である、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分(下図)の瑕疵に対する10年間の瑕疵担保責任を負っています。
※瑕疵担保責任とは・・・契約の目的物に瑕疵(欠陥)があった場合に、これを補修したり、瑕疵によって生じた損害を賠償したりする責任のことをいいます。
 
住宅瑕疵担保履行法は、この瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険加入または供託)の事業者への義務付け等を定めています。これにより、消費者が安心して新築住宅を取得できるようになります。
 
新築住宅に瑕疵があった場合に、補修等を行った費用に対し、保険金が支払われる制度です。
また、保険への加入にあたっては、住宅の工事中に検査が行われます。
 
事業者が倒産しているなど、補修等が行えない場合、保険に加入している新築住宅(保険付き住宅)を取得した人は、保険法人に対し、瑕疵の補修などにかかる費用(保険金)を請求することができます(直接請求)。
 

当社の住宅は、以下の2社いずれかの保険に加入します。詳細につきましては、WEBサイトをご参照ください。
 
■日本住宅保証検査機構:瑕疵担保責任保険 「JIOわが家の保険」→
■株式会社 住宅あんしん保証:あんしん住宅瑕疵保険 →
 
戻る